ホーム 木のぼりツアー
猿山-MONKEY MOUNTAIN-

木のぼりツアー?

猿山-MonkeyMountain-の木のぼりツアーとは、直接木をガシガシと登っていくわけではございません。

TreeMasterClimbingAcademy(TMCA)の推奨するTree+ing技術を採用し枝に掛けたロープと参加者に装着していただく木のぼり専用のハーネスをつなぎ特殊なロープワークシステムで簡単に登っていくことができます。立ち上がる脚力を利用するため大きな腕力も必要なく、女性でもお子様でも簡単に登れますのでご安心下さい。

笹笛橋会場のツアーを例にすると、登った先地上10m位の所に掛けたハンモックに寝転がり当社の用意するサービスドリンクとお菓子(前日17時までに予約をされた方)で、カフェタイムを楽しんでいただきます。その後、のんびりしていただき(仮眠も可)時間になるか降りたくなったら降りてきていただくという、他のアウトドアアクティビティーに無い「ゆるい時間」を過ごしていただきます。降りてきたら振り幅8m程、しかもラフティングをしている利根川の方に向かう「でかブランコ」を楽しんでもらっています。

当ツアーでは、速さを競うのではなく、のんびり自分のペースで登りながら自然を感じ木の優しさに触れてみたり、たっぷり深呼吸したりしながら自然の臭いを嗅いでみたり、鳥と近い目線で、バードウォッチングなど、自然を体感できる。世界的にもほとんどやっていない全く新しいタイプの新感覚アクティビティーです。

TMCA? Tree+ing?

TMCAとは、ツリーマスタークライミングアカデミーの略称で、安全に楽しい木のぼりをするクライマーを育てる団体です。ロープを利用した木登りの技術は、アーボリスト(樹木医)が樹上作業を安全に行うための手段として世界各国で様々な形で利用されてきました。レクリエーションの一環としての木登りは、人々が安全かつ気軽に木と接することのできるようこれらの技術を体系化したもので、1980年代の前半にアメリカで誕生しました。そんなロープを使った木登り技術を、TMCAでは(Tree+ing)と命名し、より多くの人々に楽しんでもらいたいと考えています。ツリーイングの技術を使用することで、信じられない高さの木に登ることが出来ます。 TMCAではツリーイングを、森と親しむためのひとつの手段だと考え技術をお伝えすることで皆さんを森の入口までご案内します。

(Tree+ing)とはTMCA(ツリーマスタークライミングアカデミー)の推奨する安全で楽しい木登りの呼び名です。 対象である木(Tree)につけられた「ing」は
「木に登る〜Climbing」
「木から学ぶ〜Learning」
「お互いに共有する〜Sharing」
の3つのingを表しています。

※当社では、TMCAの資格を保持しています。
※代表の小林英夫は、TMCAツリーイングインストラクターです。
木に登るという非常に危険な遊びを参加者にしていただく為、一つのミスも許されない特別な技術・万が一に備えてのレスキュー技術を身につけ、新しい技術や新しいギアが出た場合当社独自でもしっかりと検証し実験を行ってからツアーに採用しています。木のぼり専門の会社だからできる絶対安全で楽しいツアーをご提供します。